陶房 火風水だより


tobohifumi@gmail.com 沖縄県中城村新垣126 098-995-7331 不定休の為 お越しの際はご連絡をお願いします。
by tobohifumi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タラフーと板皿たち

c0176406_19292695.jpg
うつわのご紹介が進まないうちに明日出発の夜になってしまいました。

うつわの梱包に3日間かかっていたときに、友人からケーキをいただきました!甘いもの、やっぱり元気がでました!

c0176406_19285083.jpg
こちらはタラフー、蓋物です。
黒糖を入れてテーブルにいつも置かれている昔ながらのうつわです。
c0176406_19285224.jpg
どうぞお好きなものを入れて、お楽しみください!

c0176406_19301643.jpg
板皿はいろんな大きさで作りました。
どんなおいしいものを並べていただけるかな?
c0176406_19322036.jpg

c0176406_19301882.jpg

c0176406_19301946.jpg
マットな黒いうつわや、貫入が入ったうつわは
始めのうちは油分や色の濃いものが染み込みやすくなります。
私は使う前に一度水をくぐらせて、水分を含ませてから拭いて、盛り付けています。
お手数をお掛けしますが、どうぞ宜しくお願い致します。

c0176406_19311281.jpg



# by tobohifumi | 2019-09-23 20:00 | Comments(0)

嵐のあと


c0176406_19541329.jpg
すっかり弱い台風だと油断していたため、対策も片付けも不十分で、どんどん強くなる風雨に不安な夜でした。
土曜日は家族が一日中閉じ込められていたので、あるものでおやつを、とバナナケーキを焼きました!
お客様から送っていただいた手作りの梅やハスカップのジャム、八街のピーナツバターを並べて。

c0176406_19553042.jpg
嵐の夜、孵卵器で温めていたアローカナの卵が初めて孵化しました。
ピヨ!という鳴き声がして小さな穴が開いてから24時間以内に自力で殻を割れない場合は人の手で助けるとのことで、次男がピンセットで少しずつ割っていきました。
怖いのと温度が下がる度に孵卵器に戻しながら。

卵からヒヨコが孵る、こんな当たり前のことに
家族みんな驚きと喜びを感じた夜でした。
卵ひとつが、命のかたまりなのだと、愛おしく思いました。


c0176406_19554682.jpg
今日は朝から晩まで台風の後片付け。

風に揺すられてぼろぼろになった月桃を、思い切って根元から切っていきます。工房の片付けを後回しにして、いつの間にか庭仕事に。隣のおばあちゃんも一緒にユンタクしながら草刈りをした夕暮れ。

伊勢丹にお持ちするうつわをご紹介します!
こちらはやや小ぶりのビアジョッキ です。
どうぞお手にとって大きさなどお確かめくださいね。
c0176406_19564514.jpg
こちらは久々に作った蕎麦猪口カップです。
ふたつの蕎麦猪口がくっついてしまったような、遊びのあるフリーカップです!
c0176406_19564767.jpg

c0176406_19564716.jpg
同じものは無いかも知れません?
いろんな組み合わせの絵付けを楽しんでいます。


こちらは初めてのフリーカップです。
竹のような形が特徴です。
厚めなので温かいお飲み物や茶碗蒸しなどのお料理にもどうぞ。
c0176406_22571875.jpg

c0176406_19570722.jpg
隣のおばあちゃんのドラゴンフルーツ。
ハイビスカスは木ごと何本も倒れてしまったというのに、しっかりしがみついています。
折れてしまったハイビスカスはそのまま植えればまた根を張ります。
サボテン科のドラゴンフルーツはやはり頑丈。栄養価も高く、パワフルな果物です。
その逞しさを尊敬し、嬉しく思います。

大雨や台風の被害を受けて困難の中にある方々のことを思います。
大切な命が守られるよう祈ります。



# by tobohifumi | 2019-09-22 21:30 | Comments(0)

来週水曜日よりお待ちしております!


c0176406_16223657.jpg
台風が近づいています。
伊勢丹へのうつわは全て発送することができました。
今回の商品をご紹介します。
c0176406_16200352.jpg
紅型のテーブルマット、コースターは金城宏次さん。27,28日に店頭におります。

グラスは屋我平尋さん。29,30日とお待ちしております!



c0176406_16274544.jpg
過日私がお手伝いさせていただいていたうつわ。底の模様をよく見たくて、切り株のトレイにのせてみました。
チーズやブドウをのせて、ワインのお供にも楽しそうです!


c0176406_16220468.jpg
紅型の作品、お花や貝のコースターは私もお客様用に使っています。
古典とモダンを行ったり来たり?するような宏次さんの作品、のびやかで素敵です。


c0176406_16200584.jpg
サンドイッチをのせた楕円形のプレート、失敗も出てしまい数は少なめです。私作。
その分絵付けを楽しんでおります!
それぞれの一点をどうぞご覧くださいね。

c0176406_16200745.jpg
c0176406_16215462.jpg
火風水のまわりにはこの昼顔がはびこっています。ハイビスカスに絡まって困りものでしたが、撮影してよく見ると、薄い花びらが透けてとてもきれい。葉っぱの形も特徴的です。
生けておくと蕾が次々に開いていました。

c0176406_16215503.jpg
私は25,26日にお待ちしております。
25日は抽選のチケットをお持ちくださるお客様からのスタートになります。
どうぞ宜しくお願い致します!



台風前のかわいい2人。ヤンバルの父撮影。

c0176406_16225275.jpg



# by tobohifumi | 2019-09-20 16:30 | Comments(0)

十五夜

c0176406_17210827.jpg
今年も十五夜が来ました。

ふちゃぎというこのお餅が定番です。おはぎに比べると甘さ控えめで、お豆好きの私には楽しみな伝統菓子です。こちらは田芋の入ったもの。近くのなかとみというお店のものです。

Sproutさんでのグループ展にお運びくださったみなさま、暑い中どうもありがとうございました😊20日木曜日に最終日を迎えます。

火風水のギャラリーは明日より再開致します。
大変長らくお休みし、申し訳ございませんでした。
焼き上がりのほとんどは昨日、伊勢丹さんへ出発したため、品薄がしばらく続いてしまいますが、どうぞお電話でお確かめの上お立ち寄りいただけますようお願い致します!

c0176406_17211042.jpg
最後の窯を終えた翌日、器を冷ましている間に屋我さんのお手伝いに押しかけました!

c0176406_17211193.jpg
暑いよ、と聞いてはいたものの、1日を過ごしてみると陶芸の暑さとは比べものにならない、炎と炎の間にいるような仕事でした。


c0176406_17211355.jpg
色の料理人と自称する屋我さん、作品はいつも私の暮らしのそばにあって、毎日お水を飲む時は必ず屋我さんのグラスを使わせていただいています。 

c0176406_17211497.jpg
このアイスカットという技法を用いたお皿、今回の伊勢丹さんにもお持ちします。

こちらは透明でひび割れたような模様がなんとも温かく美しいです。まずは葡萄をひとふさ、のせてみたいと思い描きながら。


c0176406_17224122.jpg
初めて屋我さんの仕事を間近で見て、涙が出ました。
  
一人で、この厳しい環境の中炎にガラスを溶かし、虹色や深い海の色、スミレのような紫や私の特に好きな飴色、夕焼け空の赤などを生み出し続けてきたことを、私は知ってはいなかったと。


c0176406_17224214.jpg
私が手伝わせていただいたのは、そのお皿の底にヤスリをかけること。ダイヤモンドやすりにお水をかけながら、恐々お皿を当てていると、なぜかすぐに手が真っ黒に。
色のない、これも美しい世界でした。


c0176406_17243953.jpg
このヤスリをかける仕事の後も底を磨く作業が続きます。それは私には難しいものでした。


c0176406_17224476.jpg
BOND Okinawaの塚本さんは度々手伝っているので、慣れた手つきで無言で作業を進めていました。


c0176406_17261559.jpg
こちらは伊勢丹用ではありませんが、新作です!沖縄のお日さまに応えるように、喜びを全身で表しているような花器。ため息…


c0176406_17242151.jpg
帰り道に紅型の金城宏次さんの工房に寄り、伊勢丹用の作品を少しお借りしました!   
 
c0176406_17261860.jpg
ガラスと紅型と陶器
それを束ねてくれるBONDさん

今では家族のように繋がる私たちの作品を
どうぞお楽しみください!

これから器をご紹介していきたいと思います。


# by tobohifumi | 2019-09-17 22:30 | Comments(0)

Sproutさんでの器たち

c0176406_20513422.jpg
台風の影響を今も受けておられる皆さまにお見舞い申し上げます。早く早く停電が解消されますように。

c0176406_20515631.jpg
9月14日からの壺屋 Sproutさんでのグループ展の器を納品してきました!

こちらは酒器、カラカラ。
猪口は大小さまざまです。
一点ものがほとんどです!


c0176406_20523008.jpg
板皿も柄違いを。
これからの秋刀魚はもちろん、おやつにも果物にも、おつまみセットにもどうぞ。
c0176406_20542171.jpg
フリーカップと小ぶりのビアカップです。

c0176406_20530504.jpg
初めて商品化?のカップ&ソーサーです。
ポットもそれぞれ一点です。大きさなどどうぞお確かめくださいね。

c0176406_20534141.jpg
新しく作ってみた角皿。これから増やしていきたいと思います!
c0176406_20534144.jpg
会期は18日水曜日までです。
お店に行くと店主のお姉さんとユンタクするのが楽しみです!今回は1年前から欲しかった米とぎ籠を入手しました。ご飯を炊くのが楽しみになります!

c0176406_20541320.jpg
最後の窯は伊勢丹に向けて。
抽選にお申し込みくださった皆様、本当にありがとうございました。
漏れてしまった方には大変申し訳ございませんでした。2月の東京ドームでは10日間頑張ります。どうぞ宜しくお願い致します!
c0176406_20541414.jpg
狭い狭い工房にいっぱいだった素焼きの器たちはほとんど絵付けされ、焼き上がりました。
今夜は最後の本焼きです。
この暑さも、無事に器を作り続けられたこの夏に感謝でいっぱいです。

伊勢丹さんの器も次回ご紹介致します!
宜しくお願い致します。


# by tobohifumi | 2019-09-11 22:00 | Comments(0)

秋のグループ展のお知らせです!


c0176406_23244129.jpg
今年も壺屋のSprout さんでのグループ展に加えていただきます!
テーマは酒器とティータイムの器

参加工房は

工房コキュさん
工房ことりのさん
陶房眞喜屋さん
宮城陶器さん
室生窯さん
工房十鶴さん
です!

会期は9月14日土曜日より18日水曜日まで。
壺屋をお散歩しながら、どうぞお楽しみください!

c0176406_23244229.jpg

c0176406_23271759.jpg
火風水では夜中まで作業が続いています。
窯に詰めていくときは緊張とワクワク!
しっかりと詰めるために、集中します。

c0176406_23271748.jpg
20時間以上かけて焼き上げた後、1日は窯の中で冷まし、少しずつ扉を開けていきます。
早く早く取り出して確かめたいけれど、熱すぎて軍手でも持つことは危険!落としてしまいそうになります。
落としてしまったこともあるくらい、早く見てみたいものです…

c0176406_23303219.jpg
カラカラはSproutさんへ。
久々の蕎麦猪口カップは伊勢丹さんへ。
同時進行で焼き上げています。

伊勢丹さんでの抽選のお申し込みが始まっています。8日までになります。お手数をお掛けしますがどうぞ宜しくお願い致します。

c0176406_23284992.jpg
今夜は嵐の夜。
残り少なくなった絵付け前の器が足の踏み場の無いほど並んでいます。
アウトドアな工房では嵐の中でも絵付けに集中。何とか作業できることに感謝!
c0176406_23303552.jpg
先日、宜野湾から見た夕焼けです。
こんな色は初めて。
いつもこんな色なのでしょうか?
c0176406_23303680.jpg
刻々と色を変える夕焼け空。
あっという間に日は沈み、辺りは暗くなります。
時間の過ぎていく速さを見せつけられるようで
少し怖いような、寂しいような。
一日の終わりに、神さまが美しい夕焼け空を用意してくれるのは、そんな気持ちを慰めてくれているように思う秋の夕暮れ。


# by tobohifumi | 2019-09-05 23:50 | Comments(0)

新宿伊勢丹さんでの販売のお知らせです!

c0176406_08385030.jpg
風と雲に少し季節の変わり目を感じながらも
毎日汗まみれでうつわに向かっています! 
外仕事に加え、クーラーの無い環境で寝起きし生活してみたこの夏、まだまだ元気です!
c0176406_08402637.jpg
涼しくなった夜、1番集中できる時間です。

c0176406_08385122.jpg
c0176406_08414151.jpg
9月25日からの伊勢丹新宿店での販売についてお知らせします!

お手数をお掛け致しますが、ご希望くださる方には9月4日から8日間に下記まで抽選のお申し込みをお願い致します。

c0176406_08415475.jpg
ビーチパーティーの次男を迎えに北谷へ。
思いがけないひとときをいただきました。
たまには空を眺めて過ごせたらいいですね。
c0176406_08433012.jpg
北谷へ行くと、この一杯!
カフェイン抜きを実践中なのですが…

ギャラリーは在庫が無いためしばらくお休みとさせていただきます。申し訳ございません。
9月14日より、壺屋のSproutさんでのグループ展にも出展させていただきます!
詳細は追ってお知らせ致しますね。
どうぞ宜しくお願い致します。


# by tobohifumi | 2019-08-28 12:00 | Comments(15)

鶏さんから命を学ぶ

c0176406_12215406.jpg
沖縄はまだまだ暑〜い夏が続いています!
この頃になると、日焼け止めを塗る必要も感じられないくらい全身こんがり焼けています!

こちらは海南鶏飯。廃鶏のスープで炊いたご飯に柔らかく火を通した鳥もも肉をのせて、チリソースでいただきます。
c0176406_12215631.jpg
砂肝はたっぷりの生姜とネギを加えポン酢に漬けたもの。よーく冷やしてシークワーサーを絞れば、最高!
c0176406_12233027.jpg
残ったスープはかきたま汁に。廃鶏の肉はほぐして生春巻きに!固いながらも食べられました。

c0176406_12225792.jpg
今回の鶏は卵を産み終えた廃鶏になるもの。南部の農水苑虹さんで、鶏を捕まえるところから体験させていただきました。
c0176406_12281153.jpg
毎日のようにいただく鶏肉。庭で飼っていることもあり、沖縄の村で昔は当たり前のように自分の手で家畜を捌いて命をいただき、生きてきたことを自分も体験してみたいとずっと思っていました。鶏だけでなく、豚や山羊の話も父がよく楽しそうに話してくれました。

まず、一緒に参加していた子供たちのたくましさに驚き、背中を押してもらいました!
誰一人怖い!とか、かわいそう!などとは言わないどころか、顔を近づけて、食い入るようにじっと見つめていました。お腹空いた!と言い出す子も。

実際には次男がやる気満々で大半はやっていましたが、私もやってみると、不思議なことにマイナスな気持ちは全く無く、卵を産み続け、人間に奉仕してくれた鶏さんへの感謝の思いに満たされていました。
この命をいただき、私はまた元気に生きることができる。そんな生命力が溢れてきて、帰り道にはどうやって美味しくみんなでいただけるかな、と献立を考えていました!

農水苑虹さんでは、我が家のアローカナのつがいを育ててくださっています!
c0176406_12271985.jpg
工房では夜も絵付けが続いています。
静かな静かなこの時間、とても捗ります!
c0176406_12271974.jpg

c0176406_12272073.jpg
私も絵付けや、カップの取っ手つけを。
たくさん作ったものの、窯に入りきれない乗り遅れ組が出てしまいました!
納品に間に合うよう絵付けと本焼きにかかる時間から逆算し、お互いにストップをかけることも大切です!
c0176406_12272168.jpg
とはいえお日さまと風が手伝ってくれたおかげで、早くうつわが乾き素焼きをスムーズにすることができました。

c0176406_12274194.jpg
両親の庭のシクンシ。
いろんな色の花が咲く植物、珍しいですね!



# by tobohifumi | 2019-08-25 12:20 | Comments(0)

お盆を終えて


c0176406_15373393.jpg
めずらしく重なった本土と沖縄のお盆。
毎年夏休みにやってくる弟一家の荷物は台風の影響で滞在中に届かないトラブルはありましたが、本人たちは無事帰って行きました!
c0176406_15334085.jpg
波が高い間は護岸からカニの穴に釣り糸をたらして遊びました!

c0176406_15335206.jpg
葉っぱに怒ったカニさん、暑い中引っ張り出してごめんなさい!!


c0176406_15394728.jpg
お客さんから情報をいただき、甥っ子に見せようと初めてコザのエイサーを見に行きました。
路地を練り歩く道ジュネー、ハーメルンの笛吹きのように、いつまでもいつまでもついて行きたくなりました。
c0176406_19581529.jpg
ドラゴンフルーツの花、父撮影
  
8月24日 土曜日と25日日曜日
昨年もおじゃました福島の会津建設さんの住宅展示場内でうつわを販売していただきます。
今年はうるま陶器さんのうつわも並ぶようです。
お近くのみなさま、どうぞ宜しくお願い致します。会津建設さんの木を愛する仕事を、どうぞお楽しみください!


# by tobohifumi | 2019-08-19 20:30 | Comments(0)

11年に感謝を込めて


久しぶりの更新になってしまいました!
毎日飛ぶように過ぎてしまう日々です。
こちらは先日瀬良垣ハイアットホテルに納品させていただいた器です。

c0176406_20162203.jpg
今日は台風の影響で嵐のような一日です。
数日前、夏休みに入った次男と夕方突然ドライブに。
大好きな垣花桶川、私は何度も訪ねていましたが、次男は数年ぶりで、記憶を辿るように石畳を降りて行きました。

c0176406_20164361.jpg
目の前に開けた湧水!子供たちがたくさん遊んでいます。
エビをとる子、水を頭からからかぶる子、湧水の道を下りようとして、叱られる子も!

c0176406_20164462.jpg
私にとって、ここは聖なる場所。
祈りたいことがありました。

c0176406_20173516.jpg
この辺は次男撮影。
c0176406_20173604.jpg
子供たちが帰る頃、いつもの静かな姿に。
水の中から撮りました!
c0176406_20173766.jpg
この石は、ピクチャーオパール。
石好きの次男、お宝も撮影していました!
c0176406_20185255.jpg
垣花には猫さんがたくさん。お風呂に入っているみたい!
c0176406_20191330.jpg
今日で火風水は11年目を迎えました。
12年目も、元気に働けることを嬉しく思います。
長い間見守ってくださるお客様、うつわをご愛用くださるお客様、お世話になる業者様、感謝致します。
私たちはこれからも、始めのころと何も変わらない想いで、うつわを作っていきたいと思います。
ずっとお世話になっている集落の区民館に、やっとタイルをお作りすることができました。
字は集落をこよなく愛する元区長さんに書いてもらったものです。
お客様、この区民館を左に曲がって火風水にお越しくださいね!






# by tobohifumi | 2019-08-08 19:30 | Comments(0)

台風の風受けて


c0176406_09572970.jpg
台風の影響で数日強風と雨が続き、今日の夕方になりやっと静かになってきました。

いただいた栗のパウンドケーキにギリシャヨーグルトを添えて。
とっておきのデザートのある日には、8寸皿を。

c0176406_09571434.jpg
マーニ( クロツグ)の葉で作るバッタさん。
沖縄の昔の人の創造力を尊敬します。
c0176406_09571614.jpg
お手伝いしている小学校の放課後教室で、子供たちに伝授?しました。
c0176406_09583019.jpg
大小の葉が置いてあると、みんな大きな葉を選びます。
作りやすいけれど、私にはエビフライに見えて、みんなで笑いました!
バッタさんの触角をピッと立てる工程では、それまで四苦八苦していた子も、にっこり。
お家でも作りたいと、葉を抱えて持ち帰っていきました。
c0176406_09591147.jpg
こちらのお家へ帰ろう、のうつわは常連さんのご注文。デザインを細かく絵に描いて持ってきてくださいました。
工房を始める前に、長男が幼稚園で描いた絵をもとに作った、このお家へ帰ろうシリーズ。
小さなお家に、夢をいっぱい込めて。
c0176406_09590524.jpg
庭のサガリバナ、風で落ちてしまいました!

みなさまもどうぞ大雨にお気をつけてお過ごしくださいね。


# by tobohifumi | 2019-07-20 19:00 | Comments(0)

梅雨明けを待って

c0176406_20100089.jpg
梅雨が戻ったような雨がようやく上がり、今度はかなり強い風が吹いています。
器を焼く予定を延期し、久しぶりの成型を始めています。
いただいたおいしそうなクッキーの盛り付け?を考えながらのせていたら、こんなことになってしまいました!

9月25日から10月1日の間、今年も新宿ISETANさんでBOND Okinawaさんの下、屋我平尋さんのガラスや金城宏次さんの紅型とのコラボ展示会を予定させていただいています。
  火風水は25日の販売になります。抽選につきましては詳細が分かり次第お知らせいたします。
  
販売させていただくうつわや絵付けのリクエストがございましたら、コメント欄でお早めにお聞かせください!参考にさせていただきます。今のところひょうたん柄のご希望をいただきました!
c0176406_20100264.jpg
クバの木をご存知ですか?
神様の舞い降りる木、方言ではビロウ、と思ったらクバが沖縄の呼び方でした!
宮古にお住いの小川京子さんのお作りになるクバを編んだ作品が、リウボウで展示販売されています。15日まで。
c0176406_20100305.jpg
お馴染みの琉染さんの紅型を使った籠バッグ。
どれも素敵すぎて!!
c0176406_20100493.jpg
こちらは宮古上布と合わせたもの。
間近で見る宮古上布はきめの細かさと光沢が素晴らしく、美術館の展示品のようでした。

ランプシェードやオブジェの発想も素晴らしく、気さくにお話を聞かせてくださった小川さんに会いに宮古へ行きたくなりました。

クバの籠をひとつ、大事にいただいてきました。籠好きの方、  火風水でもご覧くださーい!!
c0176406_20112661.jpg
昨年に続き今年も福島の会津建設さんで器を展示販売させていただきます。
c0176406_20112714.jpg
8月24、25日の予定です。今回は私はおじゃまいたしませんが、どうぞ宜しくお願い致します。
詳細は近くなりましたら、会津建設さんのHPやインスタをご覧くださいね。
c0176406_20112852.jpg
こちらは新しく作った形のビアジョッキです。細身で、女性の方に持ちやすいかと思います。
c0176406_20114400.jpg
この頃毎朝こんな蝶が舞う姿を目にします。
庭では花から花へ。
交差点で信号待ちをしているときも、渋滞の車の間を悠々と。
オオゴマダラやアサギマダラ、今朝庭のハニーサックルにやってきたこの蝶はナガサキアゲハのようです。
羽を広げると大人の手のひらくらいありそう。
じっとしてくれなくて、撮影は難しいです!

c0176406_04321259.jpg
これは近くの小学校の校庭にある、樹齢100年のクバの木。
戦争の時に砲弾を受けながらも脇芽から生き延びている、中城村の記念の木です。
葉の姿がすでに芸術的。


# by tobohifumi | 2019-07-11 21:30 | Comments(0)

能登への旅 続き

c0176406_21244240.jpg
東京や福島から、まるまると愛らしいさくらんぼをいただきました!かわいくて、飾っておきたいぐらいです。
c0176406_21252220.jpg
能登への旅、まだ続きます!
泊めてもらった友人宅のすぐ前に、日本海が広がります。
美しい羽地内海みたいな景色!
c0176406_21244304.jpg
この、かわいいお家で、素敵な二日間を過ごさせていただきました。
c0176406_21261231.jpg
入り口にはブルーのシーサーさん!
お家の中にも、大嶺ワールドが!
c0176406_21265316.jpg
この日、友達が購入したsupの進水式でした。
お土産に持って行った泡盛が彼女を守ります!
c0176406_21265437.jpg
この辺りにいくつか見えたぼら待ちやぐら。
とても風情があります。
c0176406_21261541.jpg
やってみたかったsup!!立つことよりも、漕ぐことが難しかったです。沖縄でもやってみたいな!
c0176406_21265696.jpg
さすが北陸、ウニや牡蠣がすぐ採れるそうです。この小さな貝も、いくらでもいました!
c0176406_21284978.jpg
すぐ仲良くしてくれた2匹の猫ちゃんたち。やっと会えました!
c0176406_21281068.jpg
翌朝は、有名な輪島の朝市へ!
鮑を試食できて感激でしたが、買えたのは父への塩辛や岩海苔。
c0176406_21281139.jpg
おしゃれなパン屋さんの屋台もありました!
c0176406_21281201.jpg
金沢の街で、専門店にも見に行った手毬。こちらの骨董屋さんに、好きなものがいくつもありました!嬉しかったです!!
c0176406_21455845.jpg
輪島といえば、輪島塗。ひょうたんのお弁当箱を買えたら良かったのですが、両親にお箸を。
c0176406_21451912.jpg
これは漆器やさんのワゴンセール?
漆を塗る前の木地を販売していました。
作品にならなかったことを少し切なく思いながら、木肌がきれいなのでいくつかいただきました。檜の菜箸は使うたびに香りがして、素敵です!
c0176406_21285259.jpg
懐かしいホタルブクロにも出会えました。
また、他の季節にも訪ねてみたいです!


# by tobohifumi | 2019-07-05 21:50 | Comments(0)

慰霊の日

c0176406_10205941.jpg
1日遅れですが、昨日は74回目の慰霊の日でした。
c0176406_10210081.jpg
こんな美しい季節に、この島に戦争があった。
想像するのも難しいくらいの月日が流れて。

c0176406_10223565.jpg
6月は子供たちの平和学習で、沖縄戦を学びます。これは1年生の教室。体験者から直接聞いたお話を紙芝居にして読み聞かせる活動を続けている方です。
実際におにぎりを握って準備してくださり、子供たちに見せます。「こんな小さいおにぎりが1日一個、その後は何も食べられなくなったんだよ。亅 「もったいないから、後で食べようととっておいてそのまま死んでしまった子もいたんだよ。亅
c0176406_10223627.jpg
これは艦砲射撃を受けた穴に水が溜まった様子。首里の弁ヶ岳だそうです。
この中を逃げるのには2時間かけて30メートルがやっとだったそう。何より恐れていたのは、家族をひとりずつ失っていく中で、自分ひとり生き残ることだったそうです。

c0176406_10223732.jpg
この方は家族みんな失って、たった一人で宜野湾市野嵩にたどり着いたという方。最近まで戦争のことは話せなかったそうです。
今、ようやくその口を開いてくださったのですが、お話の間何度も何度も泣いてしまい、続けられなくなって、手伝ってもらっていました。

どんな苦労も、待っている人がいるから頑張れるのに、戦争はその帰る場所を奪うもの

死ぬことを怖くないと教えられるのが、戦争。

c0176406_10255009.jpg
お墓の中に隠れて生活していた女の子たち

c0176406_10214166.jpg

沖縄タイムスさんに12回書かせていただいたコラムが先週終りました。お時間をいただけましたら、宜しくお願いします!


愛しき島で

 初めての試みに試行錯誤しながらも、やっとこのコラムも最終となりました。拙い文章ながらも思いがけない方々に応援を頂き、改めて言葉の力、新聞力を知りました。

 私たち工芸に携わる者は普段は工房にこもっていて、一般社会とは少し離れているようにも見える職業かもしれません。これまで陶芸家の他にもガラスや紅型、漆器や家具職人そして料理人などの職人さん達との出会がありましたが、彼らは皆個性的で、各々鋭い切り口で世界を見つめ、時空を超える遥かな目を持ち、愛しむべきものを細部まで観察し、それらを形に変える表現力を備えていると感じています。中でも金細工の又吉氏にお会いした際には、穏やかに語ってくださった作品作りへの想いに胸を打たれ、弟子入りさせてほしいぐらいだね、と夫と共に感動でいっぱいの帰り道でした。

 私は子供の頃からいつも手を動かし自己流で人形の服を縫ったり、刺繍の贈り物をしたり、大好きな母には様々な手作りカードを用意していました。ですが、いざ成長して自分の進路を考えなければならなくなったときには全く頭に無く、福祉の仕事やOLも経験しましたが、いまひとつ自分の居場所ではないという気がしていました。あの当時相談した母は、今「あんたにはやっぱりこんな仕事が合っていたんだね」としみじみ語ります。私の場合は何か沖縄の伝統工芸に携わってみたい、との思いからのスタートで、紅型やガラスの工房を回ってみたりしました。沖縄には伝統を受け継ぐ豊かな工芸の文化があります。子育てに関わる皆さまには職業のひとつとして、どうぞ心に留めておいてください!

 私たちは戦争のない時代を生き、自由に自己表現し、日々平和の中に寝食を繰り返しています。沖縄でものを作るということはあの恐ろしい戦争の対極をなすものだと感じています。だからこそ、私たちは目を凝らし、耳をすまし、心を注ぎ、全身全霊であらゆる戦ごとに敏感でありたい。暗い影に真っ先に気づいて、持てる力を振るって、沖縄に降り注ぐ光や、島人のやさしさで明るく照らしたいと願います。74回目の慰霊の日の前に。Queen のIs This The World We Created にのせて。




# by tobohifumi | 2019-06-24 20:20 | Comments(4)

金沢の夜、兼六園の朝、お昼には能登へ!

c0176406_14394846.jpg
金沢の夜はひとり酒!
友達に教えてもらったお店のカウンターで、
目の覚めるような彩り豊かな旬のお料理を。
料理人のお兄さんは大の沖縄好き!とても嬉しかったです。
c0176406_14392542.jpg
とても食べて見たかった本場の治部煮。とろみのあるお料理が大好きなので、大人になってから知ったこの治部煮は驚きでした。
鶏肉ではなく、鴨を使うそうです。出汁まできれいにいただくことを教わりました。
c0176406_14392783.jpg
欲張って、もう一品!勧めてくださった白海老のかき揚げ。これも初めての味でした。
金沢、何もかも素敵な街。
c0176406_14393080.jpg
翌朝は早起きして、念願の兼六園へ。
手入れの行き届いた美しい庭。
中でも松は素晴らしく、感動。
c0176406_14402350.jpg
庭師さんたちの仕事ぶりを、一日中眺めてみたいものです。
c0176406_14404941.jpg
こんな大きな松の梢までも、職人さんの仕事が見えて、驚きます。
c0176406_14402613.jpg
園内にはいくつかのお茶室がありました。
ここも貸切!お茶もお菓子も、何もかも最高でした。

c0176406_23410440.jpg
伝統工芸会館がお休みだったので、美術館へ。
緑降り注ぐティールームでは能登出身のパティシエ、辻口博啓さんのケーキをいただくことができます!能登から迎えに来てくれた、友人と。
c0176406_06585759.jpg

c0176406_06585890.jpg
快晴ののと里山海道を通り、能登島へ!
c0176406_23410660.jpg
目指していた古民家のお蕎麦屋さんが売り切れだったので、海鮮丼をいただきました。
こんな贅沢な海の幸!日本海の恵み。


# by tobohifumi | 2019-06-23 06:30 | Comments(0)

看板お届けの旅

c0176406_03290621.jpg
いつも通りに子供たちのお弁当を作り、送迎した後、バスで空港へ!
この旅の任務は、注文製作した陶器を届けること。
タオルや服でぐるぐる巻きにした手荷物は7キロを超えてますが、大切に抱えていきます!
c0176406_03293017.jpg
沖縄を空から見るのは楽しい!
まだまだ、知らない美しい場所があります。
これも、きっと神様の場所。
c0176406_03293142.jpg
行きは福岡で乗り換え。乗り継ぎのフロアは、とまりんみたいな雰囲気です。沖縄からの乗り継ぎは、私だけでした。荷物、まだ大丈夫です!
c0176406_03290921.jpg
バスに乗りしばらく行くと、端っこの方にはこんなプロペラ機が待っていました。
バスに乗っていたお姉さんたち、「かわい〜!」確かに。
c0176406_03293386.jpg
私の席はそのかわいいプロペラの上でした!
1時間半ほどで、田園風景の広がる日本海の地へ。
c0176406_03302440.jpg
空港からはバスで30分、金沢駅に着きました。
巨大な建築物?オブジェ?は圧巻。
c0176406_03300244.jpg
朝、那覇空港でパンひとつかじったまま、夕方に。食べてみたかったフルーツパフェが、金沢の第1食目!これは沖縄ではお目にかかれません!
c0176406_03313358.jpg
夕刻、写真を撮りながら、東茶屋街までお散歩しました。古い建物や神社がいたるところに残る、京都や鎌倉のような、それでいて仙台や福島のようにゆったりとして、緑あふれる街でした。
c0176406_03313410.jpg
ほとんどのお店は閉まった後でしたが、露地を歩いていたら素敵なコーヒー屋さんが!
c0176406_03313425.jpg
サイフォンコーヒーをいただいたのは何年ぶりでしょう?こんなに美味しいと、知りませんでした。うつわも店内も素晴らしく素敵です。

c0176406_03311318.jpg
戦時中は爆撃から守られた街でもあり、そこかしこに古い建物が残っていて、立ち止まって眺めます。
c0176406_03323390.jpg
筆屋さんを通りかかり、絵付けの筆を選びました!
c0176406_03321079.jpg
これも古い古いお家。垣根にはおそらくマスカット!去りがたい一角、また金沢に来たいな。


# by tobohifumi | 2019-06-21 14:30 | Comments(2)

梅の香りに包まれて

c0176406_18150792.jpg
梅雨の晴れ間、梅仕事始めました!
母の実家の、和歌山の無農薬の梅。沖縄の風とお日さまの光をまとい、良い香りを放っています。沖縄と和歌山の融合だ!と思っていたら、自分と一緒でした。おいしい梅ジュース、できますように♪
c0176406_18152792.jpg
屋我平尋さんの茶系のうつわ。夏はガラス使いが多くなります。屋我さんの作品は自然光の下でしか現れない複雑な色合い。

c0176406_05271512.jpg
阪急うめださんでの展示会用に作られた新作。できたての写真をラインしてくれました!
作り手がぜひみて欲しい状態も、やはりお日さまの光をたくさん浴びているときのようです!
阪急うめださんでの展示会は今日まで。どうぞ宜しくお願い致します!
c0176406_18163667.jpg
叔母が作ってくれたクーブイリチー!ご飯にのせて、目玉焼きと一緒にいただくのが大好物。
ご飯がお赤飯だと、更においしいです。
クーブイリチーはスーパーの惣菜コーナーでも売られていますが、どれも違う味わい。いろんなクーブイリチーを楽しんでいます。
c0176406_05125034.jpg
ある朝、息子がボヘミアンラプソディーを40回以上見てる人が沖縄にもいるってよー!お金もったいないね、と新聞を読みながら言いました。
びっくりして読んでみると、1週間だけ北谷の凄音で再上映されているとのこと!明後日まで!
息子のお手柄に感謝して、11回目のQueen に最後の日にお別れをしてきました。
今ではフレディたちみんなを息子のように愛しく思い、しみじみ。スピーカーの近くの方には申し訳ないけれど、最後はあと少し、ボリュームを上げてほしいくらい、体いっぱい染み込ませてきました‼︎

c0176406_05465168.jpg
明日より、焼きたての看板を配達に沖縄を離れます!久々のひとり旅。
私が不在の間、奥平がギャラリーの対応を致しますが、子どもの送迎などに出ることがありますので、お越しくださる際はお電話でご確認いただけますようお願い致します。
在庫につきましても、お知らせ致します。どうぞ宜しくお願い致します!


# by tobohifumi | 2019-06-18 05:30 | Comments(2)

BOND Okinawa さん、大阪へ!


c0176406_21044273.jpg
梅雨空が戻った沖縄、雨が夜中もたくさん降っています。とはいえ止んだり、降ったりを繰り返すので、土砂降りでも少し雨宿りしていると小降りになることが多いです。
傘を持ち歩かない人が大半の沖縄、私もそのひとりです!
c0176406_20575981.jpg
明日、水曜日からBOND okinawaさんが阪急うめださんに出展します!
私も大好きで集めている屋我平尋さんのガラスの器たちや
c0176406_20575965.jpg
モダンでアーティスティックな金城宏次さんの作品を、どうぞお手にとってご覧ください!


「 沖縄の情景  〜琉球ガラスと琉球びんがたを通して〜 」

阪急うめだ本店  10階  中央街区  4番小屋
6月12日(水)〜18日(火)

14日(金)  15日(土) 16(日)は紅型の金城宏次氏が在廊します!


c0176406_21073279.jpg

ハイビスカスも、やっぱり白が好きです!
飾らない、地味な原種にときめく朝。






# by tobohifumi | 2019-06-11 09:30 | Comments(0)

京都での個展を終了させていただきます!


c0176406_22522873.jpg
またもや梅雨の中休み?の今日もフル回転!
お日さまの傾きに合わせて作りかけのうつわたちを移動させながら、夕方まで目一杯乾かしてもらいます。お日さまさんと風さんに助けられて。

本日を持ちまして京都 結さんでの個展を完売にて終了させていただきます。期間最後まで十分に器をご用意できず申し訳ございません。次回には結さんとも検討し直し、より良い方向でご覧いただけるようにしたいと思います。


今日メールでお問い合わせくださったお客様、少ない中からお選びいただきどうもありがとうございました。

3日目からはお一人で対応くださった結さんにも、本当にお疲れ様でした。また来年?どうぞ宜しくお願い致します!


c0176406_22042357.jpg
この女の子たちもお客様の手作り。ひとつをプレゼントしてくださりました!ギャラリーで再会を喜ぶ2人。
c0176406_22042524.jpg
夜には石川の栄料理店さんへ。
初めてお連れしたご夫婦、おいしいお料理とやちむんたちにとっても喜んでくださりました!
こちらは揚げ出しジーマミー豆腐。
奥のサラダの鉢は火風水です!
c0176406_22042880.jpg
私の一押しはやっぱりテビチの唐揚げです!テビチと聞いてひるんでしまう方もいらっしゃいますが、こちらのご夫婦はとっても気に入ってくださったようです♪
c0176406_22042941.jpg
もう一つのおすすめはそうめんチャンプルークラシック。とってもシンプルな分、お家ではなかなか再現できないおいしさです。
この器は修行させていただいた常英工房の懐かしいうつわ。
c0176406_22070063.jpg
ギャラリーの器はかなり少なくなっておりますが11日火曜日辺りから開けたいと思います。
すみませんがお電話の上お立ち寄りいただけますようお願いいたします。


# by tobohifumi | 2019-06-06 23:02 | Comments(2)

個展5日目、ありがとうございます!

c0176406_08221665.jpg
京都の結さんでの個展は5日目を迎えます。
たくさんの皆様にお運びいただき、どうもありがとうございます!
今日の12時より、在庫のあるものを通販でも販売いただけるそうです。できるだけメールでのお問い合わせをお願い致します。
詳しくはお店のHPをご覧ください。
yui@advancecreate.com
この食パンは、友人が大阪から買ってきてくれたもの。1番好きな、シナモントーストでいただきました!
c0176406_08220437.jpg
この変わったパン屋さんをたまたま見かけて、1時間並んで買ってきてくれました。沖縄の人も、並んでます♪
c0176406_08215736.jpg
工房では昨年に続き福島での小さな販売会に向けて雨の中うつわを乾かすのに焦っています!
c0176406_08220652.jpg
庭ではフウリンブッソウゲが咲き始めました!
c0176406_08220759.jpg
個展を引き続きどうぞ宜しくお願い致します。


# by tobohifumi | 2019-06-05 08:30 | Comments(0)

個展4日目 ありがとうございました!

c0176406_22530395.jpg
個展も4日目を終えました!お運びくださった皆さま、どうもありがとうございました。
昨夜遅く帰宅した作り手は、出発前に準備してあった土で、早速次の仕事に取り掛かっています。
c0176406_22475541.jpg
昨日は東寺の骨董市を覗き、器を買って来るかと思っていたら、石ばかり。重い!!!
次男は喜んで新聞紙の包みを開いていました。
c0176406_22534115.jpg
私が頼んであったお菓子は京の字になっている米粉のクッキー。パッケージや栞も隅々まで楽しみです!
c0176406_22475867.jpg
帰りの便に合わせて予約できる赤福!作り手がこんな技を身に付けていました。
きしめんはBONDさんの名古屋土産。ヨガに行く前の軽い晩ご飯です。平たい麺類、特に好き!
c0176406_22584300.jpg
明日も結さんで、うつわがお待ちしております。
ぐいのみ10
お湯呑み 27
蕎麦猪口セット 17
お皿 5
ポット 4
5寸丼 2
少なくなっておりますが、どうぞ宜しくお願い致します。

写真の小ぶりのチューカーセットが、1セット残っているようです。
新聞のコラムに書いたものです。お時間いただけましたら、ご覧くださいね!


チューカーからの伝言


 数ある沖 縄のヤチムンの中でも、私が1番好きなのはチューカー(急須)です。名前は中国の酒家(シュカ)に由来しているそうで、後に琉球から薩摩に伝わり、チョカ(千代香)と変遷したということです。日常雑器の中でも、お茶の時間を習慣とする沖縄では人々の間で最も愛用されて来たもので、目覚め用のお茶(ミークファヤー)に始まり、ジュージチャー(10時茶)、アサバン(昼食のお茶)、アシーヂャー(3時茶)と、チューカーは1日中活躍していた様です。また、大きめのものは寄合い(ユレー)ヂューカーと呼ばれ、大勢でお茶を飲む時に使われていました。

 島ヂューカーは本土の急須と異なり、蓋の傍に持ち手を付けるための耳があり、底には小さめの脚が3つ付いているのが特徴で一目でわかります。製作する時には本体と蓋、口、耳、脚そして口に取り付ける茶漉しの計6つのパーツの乾き具合を同じ状態に管理して、ドベという泥状の粘土で接着し組み立てます。小さいながらも工程が多く、根気と集中力を要する作業です。夫は度々琉球王朝時代の美術書にあるチューカーを眺めては見入っており、土へのこだわりに始まり、その優雅で気品ある姿は沖縄の誇りとも言えると思います。チューカーの見事な形もさることながら、その水切れも素晴らしいそうで、今なお教科書のようにお手本としています。

 チューカーには何故3つの脚がつけられたのか、詳しい資料は残っていないそうです。私たちが想像するには、絵付けを施した際の釉薬が焼成時に流れて窯の敷板にくっついてしまうのを防ぐためか、熱いお茶が入ったチューカーを漆器のお盆にのせる際の工夫なのか、けれども結論はやはり王朝時代の職人たちの美意識なのでは、という考えに至るのです。

夫がチューカー製作中の数日間は、工房に緊張感が漂い、私はいつものように手や口を出すことはできません。真鍮を削って作る持ち手を付け終えるまで、祈るような気持ちで見守ります。チューカーは沖縄のお茶時間の習慣と共に、いつまでも残って欲しい島の宝です。歳月を隔てた過去から呼びかける名曲、Queenの’39にのせて。



# by tobohifumi | 2019-06-03 23:50 | Comments(0)

個展3日目 ありがとうございました!

c0176406_20063859.jpg
個展3日目にお運びくださった皆様、ありがとうございました。大丈夫でしたでしょうか??

昨夜は 火風水近くの植栽で、今年初めのサガリバナが開花しました!朝から蕾がはじけてきて、何度か見に行っていたのですが、7時半頃にはこんなに!
友人夫婦も呼ぶと、初めて見る美しさに驚いていました。
c0176406_20064337.jpg
これは夕方5時頃。今夜、3つぐらいは咲くかな?という予想はハズレでした!
c0176406_20072831.jpg
c0176406_20091274.jpg
懐中電灯を代わる代わる担当しながら、次男と撮影大会。今年もたくさんのサガリバナを撮りたいな。香りも素晴らしく、一晩で終わってしまう儚さが、また神秘的。

c0176406_20093467.jpg
二日間でしたが奥平が結さんでお客様をお迎えさせていただきました。みなさまにお会いできて大変喜んでおりました。今夜の最終便で沖縄へ帰ります。遊び相手がいないロンはいじけて、いろんなものを持ってきて八つ当たり??
c0176406_20112448.jpg
明日以降の個展では点数制限をせずにお選びいただけるそうです。在庫は
 ぐい呑 12
湯呑 35
蕎麦猪口セット 21
7寸皿 9
5寸丼 2
ポット 5  
チューカーセット1
後はレンゲと長方板皿が一つずつ、あるようです。どうぞよろしくお願いいたします。
c0176406_20111142.jpg
東京から、古いお客様の仲良しご夫婦がいらしてくださいました!自作のお人形にご対面!!
手にとってみて、あまりの愛らしさに大興奮。
これからも、幸せいっぱいのお二人で❣️



# by tobohifumi | 2019-06-02 20:30 | Comments(2)

個展二日目 ありがとうございました!

c0176406_15360145.jpg
個展二日目にお運びくださった皆様、本当にありがとうこざいました。お楽しみいただけましたでしょうか?こちらの写真は昨日のものです。

早速ですが、明日から引き続き販売させていただくうつわをお知らせ致します。

まだ、お店の方から写真が届いていないので、奥平の撮影です!
c0176406_18404645.jpg
7寸皿  27枚
8寸皿  2枚
7寸鉢  2枚
陶板 6枚
長方板皿 2枚
c0176406_18404447.jpg
蕎麦猪口セットとお湯呑みはまだまだあるようです!
ポットは8点と5寸マカイは3点。
二日間は念の為点数制限をさせていただき、申し訳ございませんでした。
明日以降につきましても、結さんにお任せしておりますが、営業時間の12時より10分前以前にお並びいただくと、近隣の方にご不便をお掛けしてしまうようです。11時50分に6組以上のお客様がいらっしゃいましたら、くじ引きで順番を決めさせていただくとのことでした。
皆さまにゆっくりとお楽しみいただけますよう頑張ってくださっていますので、ご協力をどうぞ宜しくお願い致します。

c0176406_15360588.jpg
そんな中、沖縄の我が家では今朝、鶏小屋係のにいにいが、しばらくしてニヤリとしながら勝手口を開けて、'生まれてる!'
そっと見てみると、ホントにいる!
私たちの世話が不十分なことや、まだ若い鶏のためもあり、初めから全ての卵が孵るものではなく、息子と2人命の重みを感じた朝でした。
c0176406_15360552.jpg
黒ちゃんは元気いっぱい、庭に放すとついてきます!
c0176406_15362815.jpg
なかなか元気が出ない茶色ちゃん。でも頑張ってもがいています。ヒヨコは生まれて初めてみるものを親と思うよ、と鶏を譲ってくれたお茶農家のお父さんが言っていたのを思い出して、
しばらく掌で温めていました。
目を開けたときの感動‼︎ ヒヨコが私を親と思うより先に、私がヒヨコを子どもだと思うものなのだと知りました。

個展3日目目も、どうぞ宜しくお願い致します!


# by tobohifumi | 2019-06-01 18:50 | Comments(0)

個展初日を迎えました

c0176406_17215719.jpg
今回で5回目になる京都の結さんでの個展初日にお運びくださったみなさま、お楽しみいただけましたでしょうか?どうもありがとうございました!
c0176406_17215908.jpg
写真は結さんが送ってくださったものです。
c0176406_17220036.jpg
お家へ帰ろうのうつわは完売いただいたそうですが、お皿たちはまだまだお待ちしております!
c0176406_17223744.jpg
8寸のお皿たち。平皿、リム皿、絵皿などいろいろお作りしました。

c0176406_17224024.jpg
時間が足りず、一点ずつになってしまったカップ&ソーサー。ソーサーはケーキ皿としてもお使いいただける形です。
c0176406_17224329.jpg
少しですが、squallのお皿たち。
c0176406_17232118.jpg
お皿の後ろに、ドロップみたいなドットが。
おいしそう♪
明日2日目も奥平が在廊しております。どうぞ宜しくお願い致します。明日までは整理券をお持ちくださるお客様のみご来店いただいておりますが、3日目からはどなたにもご覧いただけたらと思います。


# by tobohifumi | 2019-06-01 00:10 | Comments(4)

明日より始まります!

c0176406_20222038.jpg
いよいよ、明日より京都の結さんでの個展が始まります。
作り手は朝家を出発し、夕方お店に到着、陳列などお手伝いしたようです。
c0176406_20220033.jpg
結さんより、整理券に応募くださったみなさまのお名前と、明日よりお越しいただくみなさまのご報告をいただきました。お名前を読みながら、古くからの方、遠方からの方、お馴染みのお客様などなど、思いを馳せております。
今回抽選に漏れてしまったお客様には大変申し訳ございませんでした。夏には少しですが京都、東京での他のイベントの予定もございますのでどうぞ宜しくお願い致します。
c0176406_20230067.jpg
今回お持ちした’お家へ帰ろう‘のうつわは、6棟。ひとつひとつ異なる絵付けや形です。
みなさまに楽しんでご覧いただけましたら幸いです。明日、明後日は作り手が在廊しております。緊張しているかと思いますが、どうぞお気軽にお声をかけてくださいね。
c0176406_20220158.jpg
c0176406_20233647.jpg
c0176406_20240653.jpg
こちらは私が遊び?で作ってみたレンゲたち。
決して使いやすい、とお勧めはできませんが…
お楽しみいただけますように!

土を作るところから、最後の釉薬掛けまで、そして今もQUEEN漬けで働きました。ちょっと何かが変わったかな??
 
お運びくださる皆様、どうぞお気をつけていらしてくださいね。宜しくお願い致します。


# by tobohifumi | 2019-05-30 20:40 | Comments(6)

個展のうつわたち

c0176406_08251010.jpg
久しぶりに梅雨空が戻ってきました!
今日は蓋つきの蕎麦猪口たちをご紹介します。

c0176406_08251305.jpg
ずっと作りたかった蓋つきの蕎麦猪口を、やっと作ることができました。
蕎麦猪口はやや丸みを帯びたやさしい形。
お蕎麦以外にも、茶碗蒸しやプリンなどの蒸し物に、和え物などの副菜にも、どうぞ。
c0176406_08261727.jpg
こちらは東京ドームにもお持ちした、6寸18㎝の鉢です。
c0176406_08261796.jpg
定番の7寸鉢もいろいろご用意しました!
c0176406_08261999.jpg

c0176406_08261940.jpg
窯も最後になってくると、家の中も工房も慌ただしくなりお弁当を買うことも。最近おいしかった大根おろしのかかった唐揚げ弁当。常備している半熟卵のせサラダを添えて。  

*ギャラリーはもうしばらくお休みさせていただきます。すみませんがどうぞ宜しくお願い致します!


# by tobohifumi | 2019-05-29 09:10 | Comments(0)

個展のうつわたち

c0176406_10023759.jpg
引き続き京都 結さんでのうつわをご紹介いたします。こちらは大小さまざまな形の陶板たち。
小さなものは小物を並べたり、和菓子のうつわに。中くらいのものは、おつまみやお刺身、果物やお菓子を並べて。
大きなものは、どーんとお寿司や、餃子?ワンプレートでいろいろのせたひとりご飯にも、どうぞ。
c0176406_10023813.jpg
今回は小ぶりのお湯呑みを作ってみました。いろんな柄の組み合わせを、お楽しみください。
器は蒸し器で茶碗蒸しやプリンをお作いただくことができます♪
c0176406_10024021.jpg
梱包の間、晴れ続き。盛大に洗って、並べました!沖縄のうつわは、お外が似合う気がします☆
c0176406_10023935.jpg
風潤のお皿はたくさんではありませんが、定番のブルーの他、緑✖️花信、紫✖️珊瑚などの組み合わせが加わりました。
c0176406_10050841.jpg
暗くなる前に、急いで外で撮影していたら、お腹をすかせたウサギさんがやってきて、背伸び。人参をあげると、嬉しそうにかじっていました。squallのぐい呑、徳利、角皿です。水玉気分の日の晩酌に!
c0176406_10131995.jpg
今朝1番で最後のうつわたちが出発しました。全部で15箱。無事に届きますように。
後は結さんに、大仕事を宜しくお願い致します!!


# by tobohifumi | 2019-05-28 10:00 | Comments(0)

うつわ、京都へ


c0176406_18333954.jpg
最後の窯を焚きながら、梱包作業を終え、昨日第一便が京都へ出発しました!
両親が育てたとっておきのトウモロコシが冷蔵庫で待っていたので、スペアリブと甘酢煮に。
レシピは信頼する土井先生の、おかずのクッキングより。夏野菜料理満載です🎶
クレソンも添えて、うつわも、枝豆も全て県産品のみのおかずになりました!チューハイもアセロラとシークワサーの沖縄限定品だそうです!
c0176406_18334229.jpg
昼間の光で撮影を済ませ、夜は値札を貼ったり数を確認し、ひとつひとつ新聞紙で包みます。
業者さんに頼んだら、と言われることもありますが、ダンボール集めに始まり、最後は郵便局へ運んでいくまでが、私たちの大切にしている仕事です。
夜、近所の弟分のテスト勉強を手伝う次男。にいにいになりました。
c0176406_18335043.jpg
子供たちが郵便局へ持っていくのを手伝うよ、と言われて初めて気がつきました!いつのまにか私より力持ちになっている二人が、大きな6箱を難なく運んで行きました。
c0176406_18343882.jpg
今日はお皿をご紹介します。
7寸21㎝のお皿は浅め、深めと2種類ご用意いたしました。
c0176406_18343954.jpg
こちらは初期にはよく作っていた8寸24㎝の平皿です。最初の写真のソーキとトウモロコシの甘酢煮をのせたものと同じ器になります!
うつわ、まだまだ続きます。
どうぞ宜しくお願い致します。


# by tobohifumi | 2019-05-27 09:10 | Comments(0)

ポットたち、焼き上がりました!その2

c0176406_11220970.jpg
梅雨入りしたことを忘れてしまうようなお日様日和。風はまだ爽やかで心地よいです。
今日はとうとう個展前最後の窯に火が入りました。
私は焼き上がったうつわを底擦りし、水を通して撮影します。明るいうちに、大急ぎ!
c0176406_11220924.jpg
いよいよ蝉も活動を始めました!父撮影。

c0176406_11242081.jpg
今日はポットをご紹介します。数が少ないため、お一人様1点まででお願い致します!
こちらではわかりづらいと思いますが、大きさもそれぞれ異なりますので、どうぞお手にとってお確かめくださいね。
c0176406_11221294.jpg

c0176406_11221363.jpg

c0176406_11244240.jpg
こちらの赤いポット、大きめで主役のつもりだったのですが、焼き上がりをチェックしていたところ、ちょっと難が見つかってしまいました‼️とっても残念ですが、お留守番になりましたので、写真をご覧くださいね☆
c0176406_19413404.jpg
ひとつだけ、コーヒードリッパーもセットになったポットがございます。赤い染付は伝統の柄。菊の文様に健康長寿の願いを込めて。沖縄の風をお届けできたらと思います。


# by tobohifumi | 2019-05-25 20:10 | Comments(0)

ポットたち、焼き上がりました

c0176406_20065149.jpg
またもや窯出しそのままで失礼いたします!
最後から2番目の窯にはポットたちが入っていました。
野菊や花信、珊瑚など、大きさも柄もそれぞれ異なります。
c0176406_20065284.jpg
チューカーは大きいものと小さいもの、ペルシャブルーが各1点のみとなっております。釉薬がうまく止まってくれて、ほっとしました!
c0176406_20073340.jpg
絵付けもいよいよ終盤です。梅雨を忘れてしまいそうなくらい、気持ちよく晴れてくれたこの頃。
c0176406_20073313.jpg
大きめのお皿たち。
c0176406_20073476.jpg
最後の窯の絵付けもあと少しで終わります。
どうぞよろしくお願いいたします!


# by tobohifumi | 2019-05-22 20:30 | Comments(0)