陶房 火風水だより


tobohifumi@gmail.com 沖縄県中城村新垣126 098-995-7331 不定休の為 お越しの際はご連絡をお願いします。
by tobohifumi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

梅雨の海

c0176406_8431837.jpg

 まだ真夏の日差しよりはずっとやわらかい6月の海。読谷では海草が浜辺をいっぱいにしています。潮が引くと緑の絨毯を踏みながらリーフまで歩くことができます。
 
 子供たちは手に手にプラスチックのカップを持ち、夢中で水の中を探し青い魚や小さな海老を追いかけます。野原でバッタや蝶を捕まえるように。

 誇らしげにコップの中を見せ合い、取りかえっこしたりしてすぐ友達になります。海の中は大騒ぎ。魚たちの悲鳴が聞こえてきそうです・・・!



c0176406_844920.jpg
 東京のいとこが時々送ってくれる野菜を使ったお菓子屋さんのスイ―ツ。なかなか自分では作らないので、とても新鮮です。
 このロールケーキには北海道のアスパラガスと杏が入っていました。Lisaいつもありがとう!!

 新作のうつわは月影の海のプレート(8寸)です。縁を低くしているので、ケーキプレートにも。

# by tobohifumi | 2012-06-12 09:04 | 月影の海のうつわ | Comments(2)

hanako

c0176406_21444937.jpg
 雑誌hanakoで沖縄の特集をなさってくださるそうで、火風水も取材していただきました。

 なんとかお家も片付いて・・・昨日の夜焼いたシフォンケーキと実家でとれたパッションフルーツでお茶の時間。 沖縄でのお仕事をとても楽しんでいらっしゃるお二人に嬉しくなりました。

 7月の終り頃に発売予定とのこと。沖縄の新しい情報もいろいろ掲載されるそうです!どうぞ宜しくお願いします。


c0176406_21535213.jpg
 そろそろ梅雨明けかな~?涼しい朝からぐんぐん気温が上がり、真夏の日差しに。
 作り手は注文のふぐ刺し用の大皿をを制作中です!

 

# by tobohifumi | 2012-06-08 22:12 | うつわづくり | Comments(9)

ガドガドsalad

c0176406_2047529.jpg
 

 北海道から採れたてのアスパラガスが届きました。いつもは新鮮な野菜はシンプルにいただくのですが、今日はインドネシアのガドガドサラダ・ミルフィーユ仕立てにしてみました!

 厚揚げ、もやし、茹で卵、トマト、じゃが芋、海老をピーナツソースでいただきます。甘いアスパラが主役のサラダ、メインのおかずにも負けません!!

 Oさん、どうもありがとうございました♡

 うつわは黒晶の正方角皿と時計草の5寸洋皿です。


 外は嵐。今年始めの台風がやってきました。準備も終わり、ウサギたちと一緒に部屋の中で風の音を聞いています・・・

 

# by tobohifumi | 2012-06-04 22:12 | 黒晶/白晶 | Comments(4)

ひとつだけのテーブル

c0176406_2215185.jpg  何年か前に息子の通っていた保育園から譲り受け、大切にとってあった古い板を使いテーブルを作りました。

 子供たちが電動ノコギリで木を切ったり、メジャーで測り印をつけたりと、みんなで作業しました。

 夜になってできあがったテーブルは、今作ったとは思えない古びたもの。いくつもの傷や釘の跡にこの上なく親しみを感じるのは何故でしょう・・・



c0176406_224969.jpg

 工房の作業を手伝いに来てくれた作り手の弟も加わり、いつもより賑やかな夕食。


 始めから古いテーブルの傷に、また新たに私たちの暮らしの味が加わっていきます・・・

 火風水にお越しの際はぜひ、このテーブルでひと休みなさってください!!

# by tobohifumi | 2012-05-31 22:07 | 染付のうつわ | Comments(3)

さんご畑の夜

c0176406_8474297.jpg

我が家が大好きな場所のひとつ、読谷のさんご畑で珊瑚の産卵が始まりました。

 夜暗くなる頃に1回目が始まるとのことで、みんなで暗い水の中を覗きます。この方が映画にもなったさんご畑の代表の金城さん。

 産卵は自然まかせ。今日は産まれないかも、と残念そうに。







c0176406_8482813.jpg 

 


  次の機会は10時過ぎ、とのことで諦めて帰ろうとしたときに「産まれた!!」という声が。それと同時にいくつかの珊瑚から小さなピンク色の粒が次々と水中に漂い始めました。


 テレビで見たことはあったけれど、やはり間近に見ると珊瑚が本当に生きていて、卵を産んで増えようとしている生命力を感じました。

 沖縄の珊瑚を守るために情熱を注ぐ金城さんのさんご畑、沖縄にお越しの際はぜひご覧ください・・・

 Gala青い海内 さんご畑


c0176406_8485878.jpg  



 友人宅でびんがたの体験教室がありました。講師は紅型Lab邦の山内 邦恵さん。

 お茶の時間に紅型を使ったテーブルコーディネートで火風水の陶器を使いたいとのこと。白晶のチューカーセットなどをお持ちしました。友人の焼いたフーチバーケーキとちんすこうで、3人の作品のテーブルです!!

 伝統柄を大切にしたオリジナルデザインの紅型。この総柄の作品は私には珊瑚畑の海と重なりました。

# by tobohifumi | 2012-05-28 09:32 | こころの島 | Comments(2)

お花のうつわの贈り物

c0176406_22284426.jpg
 花の季節の結婚式。お引き出物にどんなうつわがいいかとご相談いただいたので、柔らかい花びらの形の花信のうつわをお勧めしました。
 お二人の幸せな気持ちをうつわにのせて・・・ おめでとうございます!



c0176406_2183922.jpg 
 
 私の花信はシンプルな形のうつわです。苺でおこした天然酵母でパンケーキを焼きました。
 梅雨とはいえ爽やかな晴れ間の広がるこの頃です。

# by tobohifumi | 2012-05-23 22:30 | 花信 | Comments(2)

imaiyu清蒸

c0176406_21323244.jpg
 

 茜草・赤の8寸皿です。内側に花を描いたり、黒のままにしたり、ドットにしたりとどんどん広がっています・・・
 
 主菜を盛るのはどの大きさがいいですか?とよく訊かれます。二人用なら7寸皿、3人からは8寸あるとゆとりがあるかなとお答えしています。直径24cmのこのうつわ、パスタやカレーなどに一人で使ってもゆったりします。



c0176406_21331151.jpg


 とれたての魚、いまいゆをいただいたので、塩麹で蒸しものに。さっぱりとしつつ生姜がきいた、おいしいスープを味わうのも楽しみです。あとは香菜があればいうことなし!の清蒸です。

# by tobohifumi | 2012-05-21 21:50 | 茜草 赤/青 | Comments(4)

海を眺めながら・・・

c0176406_2154935.jpg


 暑い日にはどこまでも広がる真っ青な海を眺めるように。

 曇りの日には凪の静けさを思い浮かべながら。

 家から海は見えないけれど、小さく切り取った海をテーブルに。



c0176406_2134751.jpg


 お昼ごはんはアボカドとささみのサラダサンド。石垣島のタニワタリのピクルスの瓶を開けました。

   庭で育った紫蘇も一緒にビタミンたっぷりいただきます!

# by tobohifumi | 2012-05-18 21:17 | 月影の海のうつわ | Comments(6)

The day Okinawa returned to Japan.

c0176406_13214124.jpg









c0176406_13222150.jpg










沖縄が戦後の米軍統治を経て本土に復帰した日から今日、40年を迎えました。

 本土の人?と訊かれると、私は決まって「ハーフです。」と答えます。
沖縄の父と本土出身の母は当時パスポートを持ち国際結婚をし、この復帰の年に
私が生れました。写真は父が見せてくれた復帰前日、最後のアメリカによる刻印のあるパスポートです。

普段は家族以外の人と基地について語ることはほとんどありません。
沖縄の人々の心の奥にしまい込まれているように思います。


復帰の年から今まで、基地が返還されたのは2割で、その広さは今も232.471平方㎞に及びます。
小さな島の県土の約10%を占めており、どこへ行っても基地のフェンスに当たるような暮らしです。


基地をどこかへ移す、ということではなく、なくしてほしい。
米軍はトモダチではないことを県民が誰よりも知っています。
本当に必要なのは軍事力による備えではなく、真の友愛だと思います。
今、地球は戦争などしている場合ではないはずです。

皆さんの税金がここに多大に注がれています。どうぞ沖縄の基地問題を共に考えてください。


戦後も米軍による様々な問題に翻弄される中、明るく、心の底からやさしい島人たちが沖縄を支えてきてくれたことを思います。「これは屈辱のパスポート。本土復帰は沖縄の夜明けと信じた。」という父のひとことが、あの日の沖縄を語っています・・・

# by tobohifumi | 2012-05-15 10:23 | こころの島 | Comments(5)

母の日とクローバー

c0176406_18245064.jpg
 5月になると山や畑に百合が咲きます。草むらの中に百合が芽を出しているのをみつけると、草刈りのときに注意が必要です!
これは毎年楽しみにしている百合屋敷のもの。勝手にそう呼んでいますがいつかこの花たちのお母さんにお会いしてみたいと思いながら。

c0176406_182878.jpg
 母の日に、作り手の母から四つ葉のクローバーを三つもらいました。母はみなもと。母あってこその私です。

 母の日に、私はやっぱりお菓子作りの時間を♪ホクホクかぼちゃとキャロブでタルトにしました。

 うつわは珊瑚×白晶の陶板・大、biigu4寸皿です。


 

# by tobohifumi | 2012-05-13 18:45 | 珊瑚のうつわ | Comments(2)

花咲く散歩道

c0176406_20335570.jpg

ピーチ色のエンジェルストランペットが咲く散歩道。今ではウサギの好きな草を探すのに集中していて、花が咲いているのに気が付かず下を通り過ぎてしまいました!


c0176406_20343543.jpg

水面の7寸鉢、夏になるとよく食卓に並びます。
c0176406_2035076.jpg

5月8日はゴーヤの日。今年初めてのゴーヤは塩麹でチャンプルーに。日本中で食べられるようになったゴーヤ、今年は新しいレシピにも挑戦したいです。

# by tobohifumi | 2012-05-10 19:17 | 月影の海のうつわ | Comments(3)

自家製酵母パンを染付のうつわで

c0176406_20182152.jpg 

 すっきりと晴れた日は染付のうつわを選びます。青いうつわの似合う季節です!

 10日ほどかけてパパイヤから起こした酵母で焼きあげたパン。お気に入りのビンの中で酵母が本当に育つのを見て、楽しくなりました。
ローズマリーや苺、ヨーグルトでも実験中です。


 口笛はなぜ♪と歌いたくなるパンでした。とってもおいしそうに見えたハイジのパン。素朴なパンと野菜のシンプルなプレートです。
 
 うつわは染付の8寸洋皿 24cmです。

# by tobohifumi | 2012-05-06 20:18 | 染付のうつわ | Comments(5)

梅雨の雨と月桃

c0176406_21383183.jpg

今年はいつもより数日早く梅雨入りし、時折激しい雨が降ります。 気がつくと庭の月桃が咲き始めていました。
庭の片隅に女神さまが佇んでいるような美しさ。


c0176406_21385821.jpg
 人参も旬を迎えています。中城の津堅島人参を見つけたら必ず購入します!レモン色の島人参と定番の人参しりしりーに。

 うつわは珊瑚の7寸鉢(浅)です。

# by tobohifumi | 2012-04-30 21:52 | 珊瑚のうつわ | Comments(2)

Pure honey

c0176406_13335893.jpg

 はちみつが好きです。スプーン1杯が1匹の働き蜂の一生分の仕事と知り、いつも蜂の話をしながらいただいています。

  九州の山奥の養蜂家たちが食べているという蜂の巣そのままのはちみつ。同じ地方でとれた地粉と自家製天然酵母のスコーンを焼いて、食べてみました。熊になったような気分です。食べ慣れたはちみつよりも味は濃いのですが甘みはあっさりとしていました。

 加工・精製されていない野生の味をもっと食べてみたいと思う蜂の巣でした。
 
月曜日をもちまして京都での沖縄五人展が終わりました。たくさんの皆様にお越しいただきありがとうございました。結さん、今年もお世話になり本当にありがとうございました。
 

# by tobohifumi | 2012-04-26 13:11 | 月影の海のうつわ | Comments(2)

穀雨を過ぎて

c0176406_19475296.jpg
 草木に恵みの雨をもたらす穀雨。数日降り続いた雨で、庭の花たちも深呼吸したようです。
 よく作るきんぴらも春ごぼうなので明るい水玉のうつわに。ちょっとだけ気分も変わります。

 
c0176406_194612100.jpg
 火風水の庭にはウサギの親子がおいしそうにたんぽぽの葉を食べています。グッピーやカメもいて、いきものがかり(作り手)は大変です!
 ときどき仕事の手を休めて、動物たちを眺めています・・・

# by tobohifumi | 2012-04-23 20:01 | みずたまのうつわ | Comments(2)

ひとり楽しむパンづくり♪

c0176406_22233580.jpg
 北海道からいただいて大事にとってあった餡子を天然酵母の紅芋パンで包んで焼いてみました。

 しっかりと噛みしめて、元気になるあんぱんです!

 パン生地は土と違って、こねているとだんだんやわらか~くなり、赤ちゃんの肌のようになるところが特に好きな工程です。

 続けてピザ生地もこねました・・・ 

 自家製天然酵母も挑戦中。食への好奇心は尽きることがありません!!!





 中城に おうちショップ ちいぱっぱ オープンしました!!

 近所の方が朝採り野菜、こだわりの手づくり調味料やパン、お菓子、紅型やバッグなどの作品をごゆっくりとゆんたくしながら楽しめる楽しい自宅ショップを始めました。

 麦からご自分で育て、パンを焼き上げるこだわりの方です。いろんな企画もあるそうで、楽しみです。
 オープンは火曜日と金曜日の13時~18時 詳しくはどうぞお訊ねください!
 Nさん 念願のショップオープンおめでとうございます。いろいろ教えてくださいね!

 c0176406_2238107.jpg


 

 

# by tobohifumi | 2012-04-19 22:36 | Comments(3)

Ochroleuca

c0176406_19193998.jpg

山歩きをしようと出掛けた日曜日。北上するにつれて雨足が激しくなり、予定を変更し喜如嘉のオクラレルカ畑を見に行きました。 どしゃぶりの中撮った写真です。

c0176406_1920189.jpg

 トルコ原産のアイリスの一種というこの花、雨がよく似合います!大宜見村の喜如嘉は芭蕉布で知られた集落でもあります。58号線から曲がったら、ふとおとぎ話の中に入り込んだような感覚に陥る静かな村。


c0176406_19202028.jpg
 
 実家の畑のパッションフルーツがたわわに実り始めました。
 雨の中かたつむりたちがどんどん花を食べにやってきます!今年は台風の影響を受けずに食べられるかな・・・?

# by tobohifumi | 2012-04-15 19:19 | こころの島 | Comments(2)

島ランチ プロヴァンス風?

c0176406_22334811.jpg
  海も畑も食材が豊富な季節になると一皿すべて島のもので料理したくなります。

 久しぶりに食べたくなった粒マスタードたっぷりの卵サンド

 春キャベツのカレー+塩麹スープ

 与那原産採れたてひじきのペペロンチーノ

 タコ採り名人のタコと春野菜のマリネ

 宜野座産ベビーリーフと八朔のサラダ・ 野生?プチトマト

 あ!大好きな八朔のみ和歌山産でした。

 
 うつわはmocha+珊瑚 9寸皿(27cm) 黒ドットのスープセットです。

# by tobohifumi | 2012-04-12 22:49 | mocha | Comments(2)

清明祭

c0176406_22191746.jpg



 京都五人展にはいろんなうつわをお送りしました。このチューカー(急須)セットはお湯呑が蓋付きの汲み出しを合わせて。

 持ち手も真鍮を削り、作っています。時間が経つにつれて燻したように落ち着いた色になり、急須に馴染んでいきます。
 







c0176406_22454683.jpg


 今年も青空の下、清明祭がありました。親戚一同が墓前に集まり、お重をお供えした後みんなでいただくのですが、母の手づくりのおかずは何よりのご馳走、ゆんたく(おしゃべり)しながらゆっくりと過ごしました。みんなの元気な様子をご先祖様に見てもらうこの日はしみじみと感謝する日でもあります。
 
 清明祭が終われば夏が来ます。今日の海は夏の青に輝いていました。
  






c0176406_2246318.jpg


 父の集めているクロトンの庭。草花が瑞々しく一番きれいな季節です。

 ひとつひとつ異なるその葉に見入っている息子。

 山原のいきものたちの声に耳をすましているのかな?

# by tobohifumi | 2012-04-09 14:04 | 月影の海のうつわ | Comments(3)

沖縄5人展 島ものがたり vol.2

c0176406_19384835.jpg

今日4月5日より京都のくらしの器と切子ガラスの店 結さんにて展示会を開いていただいております。


 昨年に続き同じ5人の作品が展示・販売されていますのでどうぞご覧ください。
期間は4月23日まで、火・水曜日はお休みになります。詳しくはお店のHPをご覧ください。


 こちらは花器たち。京都では素敵な花屋さんがあちこちにあったのが印象的でした。今の季節なら道端に咲く水仙や菜の花を生けても、春風をお部屋に運べそうですね・・・

# by tobohifumi | 2012-04-05 19:58 | イベント | Comments(4)

ひょうたんのうつわたち

c0176406_1105174.jpg
  そばちょこの絵皿にひょうたん柄が加わりました!あちこちを向いたひょうたんにいろんな絵付けをしています。


c0176406_1112890.jpg
 定番のそばちょこ柄も京都へ。

 いつかゆっくり絵付けしようね~と思い、貯めてあったうつわをあれこれ楽しみながら焼き上げました。その為1点ものが多くなっております。楽しんでご覧頂けたら嬉しいです。



*しばらくお休みをいただいておりましたが5日からギャラリーを再開します。不定休の為、すみませんがお越しの際はご連絡をお願い致します。

 

# by tobohifumi | 2012-03-31 11:04 | 絵皿 | Comments(4)

父の歩いた道

c0176406_10253496.jpg 

 仕事も一段落した日曜日、久しぶりに山へ。我が家にかけがえのない恵みをもたらしてくれた大切な山に、親子3代で登りました。
 
 穏やかな春の日差しに溢れる木々の中を歩いていると、父が子供の頃、薪にする小枝を拾い集めて毎日はだしで歩いたこと、戦争中ここに逃れ、様々な植物を食べて生き延びたことを思いました。


 父の歩いた道は私たちの命をつなぐ道でもあったことを知り、改めてこの山を愛おしく思いました。

 命も季節のように巡るもの。自然に抱かれて。





c0176406_10481469.jpg


うつわたちが京都へ出発しました!展示会は5日からです。昨年よりも多めに作りましたのでどうぞご覧ください!



*ルネッサンスホテルでの展示会が今日で終了しました。お越しくださった皆様、ショップのスタッフの皆様、本当にどうもありがとうございました。引き続き常設させていただいておりますのでどうぞ宜しくお願い致します。

# by tobohifumi | 2012-03-31 10:58 | こころの島 | Comments(3)

ハルサーの春!

c0176406_206096.jpg
 沖縄でも苺を栽培しています!ちょっと小ぶりでかわいい苺。花信のうつわにのせてみました・・・


c0176406_201302.jpg
 ハルサー、方言で畑で野菜を育てる人のことです。今年も父が育てたジャガイモをもらってきました。皮の赤い甘みのあるお芋です。

 まあるいコロッケにしたら、みんなニコニコ!11ぴきの猫とあほうどりの話を思い出しました☆


 うつわは花信の7寸皿です。

# by tobohifumi | 2012-03-28 20:03 | 花信 | Comments(2)

ものづくりの種

c0176406_21435075.jpg
 いろんな柄でお選びいただいたお茶碗や湯呑たち。先日、ご出産祝いのお返しにとお作りしました。
 かわいい赤ちゃんを抱かせていただきながら、それぞれのうつわをお送りする御親戚のお名前を伺いました。とても忙しい中、おひとりおひとりを思い柄を選んでくださったお母さん。お父さんの手づくりカードを添えて、喜びいっぱいの贈り物です。Yくん、健やかに大きくなってね!!



c0176406_214439100.jpg
 夕飯の買い物をと立ち寄ったスーパーの入口で、かわいいおばあさんに呼び止められました。振り向くと、丁寧に三角に折りたたまれたチラシの包みをいくつか差し出し、「飾りものだから、もらってね。」とひとこと。とりあえずお礼をいって受け取り、開けてみると・・・


 中には、こんなものがひとつずつ入っていたのです。ストローを切って糸で繋いだもの。(繋ぎ方が細かい)
キャンディーの袋を細く切り結わえて繋いだもの、お花の端切れに糸で小さなキャップ?を縫いつけたもの、鳥の羽、ネジと布・・・

 涙があふれ、気絶しそうになりました。不思議なおばあさんがくれたものは、子供の頃自分で考えて作っていたものによく似ていました。なんでもないものでも、手を加えることで特別なものになり、喜びが生れる。私たちにものづくりの原点に立ち返ることを教えてくれた貴重な経験でした。
 

# by tobohifumi | 2012-03-24 22:23 | こころの島 | Comments(4)

三つのそばちょこカップ♪

c0176406_22472522.jpg
  今年も京都での沖縄五人展に加えていただくことになったときに、何か新しいうつわをと思い、かねてから作りたかったそばちょこカップ3つ重ねが焼き上がりました!

 どちらが絵付けしているのですか?と尋ねられることがあります。このカップではまず相談しながら柄を考え、ひとつのカップに二人で順に絵付けしています。
 ぼんやりしていたら取り合いになることも!?そばちょこカップは感じたままに柄を組み合わせ楽しんで描いています・・・

 

# by tobohifumi | 2012-03-22 23:03 | 花信 | Comments(0)

おさしみの夜

c0176406_2149525.jpg
 今日は春分。夕食を食べる頃まで明るさが残るようになりました。
 
 母が生魚を食べない為、家でおさしみを食べることがありませんでした。見慣れていないこともあり、おさしみは盛り付けが難しいです。今日は黒晶ベースの陶板にパックからそのままの形に移動させました!成功??
 
 盛り付けひとつで味が変わるおさしみ。あるだけでその場が華やぐ食べ物ですね。おさしみをおいしそうに盛りつけられるようもうちょっと勉強がいりそうです・・・☆


 うつわは陶板・大 黒晶+茜草赤 醤油さしブルー+しのぎ 小皿 inno,ブルーです。

# by tobohifumi | 2012-03-20 22:11 | 茜草 赤/青 | Comments(0)

ピクニック日和

c0176406_20393525.jpg
 暖かい日が続き今年もカエルの合唱が始まりました。工房では懐かしい?蚊取り線香の香りが漂っています。

 北海道から古い友人のご夫妻がたくさんの自家製品を持って訪ねてくださいました。真っ赤なビーツは茹でて瓶詰めにして。早速パンに挟んでいただきました。
 手づくりの野菜は何よりの栄養です。お二人で畑に出る姿を思いながらいただきました。

 春野菜スープには友人が作ってくれた塩麹の茹で豚を入れました。最近教わった塩麹、いろんな料理に使って楽しんでいます・・・

 うつわは花信の7寸皿 、mochaのスープカップ、マグはsquallとしらべです。

c0176406_2040824.jpg
  京都展のDMが届きました!


 沖縄五人展 島ものがたり vol.2

 くらしの器と切子ガラスの店 結 さんにて。

 4月5日木曜日~23日まで。火・水曜日はお休みです。


 桜の季節にあわせて、と店主さんが企画してくださいました。昨年と異なるものを含めいろいろお作りしています。どうぞ宜しくお願い致します!


 

# by tobohifumi | 2012-03-17 21:09 | 花信 | Comments(4)

春色のうつわたち

c0176406_2154935.jpg
 明日よりルネッサンスホテルでの展示を一部、春色のうつわに変えていただく予定です。

 しらべやストライプのそばちょこカップやマカイ(お茶碗)など。いろいろ絵付けするうちにどれも違う柄になっています!みんなが楽しくなるうつわになったらいいな。どうぞ宜しくお願いします。


c0176406_2221535.jpg
 最終回のおやつ教室ではロールケーキとトライフルを教わりました。10人それぞれの盛り付けです!
 おうちでお菓子を作る喜びやうつわを使う楽しみを感じていただけたら嬉しいです。参加してくださった皆様、おいしいおやつをたくさん教えてくれたtaeco先生、どうもありがとうございました・・・

# by tobohifumi | 2012-03-14 22:11 | こどものうつわ | Comments(5)

花の便り

c0176406_88677.jpg
 

 震災から1年。報道ステーションで古舘さんと長淵 剛さんが被災地を訪ねる様子を苦しい気持ちで見ていました。できるだけ心を寄せていきたいと思います。



春色のうつわの名前を花信(かしん)としました。花が咲いたという知らせの意味があるそうです。桜の花の印象からデザインしました。

15日木曜日からルネッサンスホテルでご覧いただけたらと思います。作り手がこの展示会の為に温めてきた新しいうつわです。どうぞ宜しくお願い致します。


4月の京都展は5日から23日の予定です。DMが届きましたらまたお知らせします。こちらも初物!!を含めお作りしておりますのでどうぞよろしくお願いいたします。
 

# by tobohifumi | 2012-03-13 08:12 | 花信 | Comments(4)

春のテーブル

c0176406_19253236.jpg
 今年も父の育てたじゃが芋が収穫を迎えています。母が下茹でし、ポテトチャーハンにしたらおいしいよ!と持って来てくれました。

 おいしいじゃが芋はまずはそのままいただこうと、習いたての人参ドレッシングを作って添えてみました。手羽先の唐揚げも作ったけれど、今日のメインは父のじゃが芋です。
 いつか私も自分で育てた野菜をたくさん配れるようになりたいなあ!!

 うつわは珊瑚、biiguです。

# by tobohifumi | 2012-03-09 19:34 | 珊瑚のうつわ | Comments(3)