陶房 火風水だより


tobohifumi@gmail.com 沖縄県中城村新垣126 098-995-7331 不定休の為 お越しの際はご連絡をお願いします。
by tobohifumi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
以前の記事
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2017年 02月 03日 ( 1 )


琉球の宴へ想いを馳せて

c0176406_05585959.jpg

昨日お立ち寄りくださいましたお客様、ありがとうございました!お世話になった方や旧友もたくさん訪ねてくれて懐かしいひとときです。
c0176406_05590019.jpg

火風水のテーブルをもっと載せてとのコメントをいただきました。ありがとうございます。
こちらはグラススタジオ尋さんのコンポートです。青みを帯びた深い紫は静かな美しさをたたえています。
c0176406_05590197.jpg

テーブルを優しく照らすランプ。お客様が見上げて眺めてくださっています。ひとつはクリアなガラスに薄いピンクや白、濃いめの紫が散りばめられたもの、もうひとつは乳白色がメインの同じ色合いのもの。照明は心地よい雰囲気を作り出す魔法をかけてくれます!大木先生の選んでくださったネイビーのクロス、裾にはアクセントにライムグリーンのクロスが敷いてあります。
c0176406_05590167.jpg

まず初めに尋さんの紫のワイングラスがつくられ、それを目指して私たちも新しい色に挑むことになりました。まだ製作途中の器を首里の紅型の老舗、琉染さんに見てもらいこのテーブルに合うランナーを染めていただきました。どれもテーブルウェアフェスティバルに向けて生まれた作品です!
紅型のランナーにご興味をお持ちくださる方、琉染さんのHPから直接お問い合わせくださいとのことです!
c0176406_05590158.jpg

下に敷いた大きなプレートは重厚な雰囲気をと厚みを持たせ、こちらの紫のみのものと上の黒い縁のあるものを2枚ずつ並べています。
私たちが追い求める琉球王朝の気品とその頃の職人への畏敬の念を込め、作り手は初めての形のポットやミルク入れ、カップ&ソーサーを作りました。
首里城の王様たちが来賓をもてなす席にこのテーブルをお使いいただけたなら!尋さんと共に普段の製作を続けながらも遥か昔の時代の夢を見させていただきました。

お越しいただくことが叶わないお客様、何かご質問などございましたらコメントくださいね!

by tobohifumi | 2017-02-03 05:57 | Comments(4)