陶房 火風水だより


tobohifumi@gmail.com 沖縄県中城村新垣126 098-995-7331 不定休の為 お越しの際はご連絡をお願いします。
by tobohifumi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

母の故郷への旅

c0176406_21343721.jpg
和歌山へ向かった翌日、沖縄本島に台風がやってきました。久しぶりの直撃でたくさんの実りをいただいたパパイヤの木が倒れてしまいました。実が重すぎたのでしょうね!
c0176406_19460357.jpg
その台風に追われるように、関空から電車を乗り継ぎ紀伊半島をぐるりと回り南端の新宮市へ。約4時間の車窓には有田のみかん畑や白浜の海、山深い村や美しい川を眺めます。名物は高菜で包んだめはり寿司です!
c0176406_19460608.jpg
新宮の町でレンタカーを借り、宇久井という小さな村へ。母の生まれ育ったこの村は波で削られたまあるい石が地面を覆っています。石の畑では野菜に土が付きにくく、きれいです。祖父母が元気な頃はいつも育てた野菜を送ってくれました。
c0176406_21333745.jpg
食料調達に立ち寄ったスーパーでは採れたての魚たちに目を見張ります!この辺りではクジラ肉も貴重なタンパク源だったそうです。県境を越えた三重県のみかんが1番だそうです!
おかいさんと呼ぶ茶粥はこの地方で1200年も昔から食べられている朝食(呑んだ後のシメにも)、私のソウルフードです。祖母のおかいさんはほうじ茶を木綿で縫った袋に入れて洗った冷やご飯とお芋と一緒に炊いたもの。今は叔父が代わっておいしい干物や金山寺味噌などとご馳走してくれました。おかいさんの後には南高梅に蜂蜜をたらしたものを特別に用意してくれ、懐かしさがこみ上げてくる食卓でした。小さなヤチムンのお茶碗は私が修行中に祖母に贈ったものです。

旅のお話は次回に続きます!


by tobohifumi | 2017-11-01 19:45 | Comments(2)
Commented by ao at 2017-11-04 18:50 x
パパイヤたくさん実が生っていますね(#^^#)
実家のパパイヤ炒めが懐かしいです。食べた~い!!
お食事美味しそうです。和歌山では土の上を石で覆われているのですね。私も東京で家庭菜園をしているので、参考にしたいと思います。
Commented by tobohifumi at 2017-11-06 21:22
aoさま ありがとうございます。パパイヤの木、残念でした!父が盛大に肥料をやるのでたわわに実り続けてくれました。
しりしりーしておいしいですね!
この石の村、アスファルトのない時代に自転車に乗るのが大変だったそうです☆
<< 母の故郷への旅 その2 畳間で絵本を >>