陶房 火風水だより


tobohifumi@gmail.com 沖縄県中城村新垣126 098-995-7331 不定休の為 お越しの際はご連絡をお願いします。
by tobohifumi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

畳間で絵本を

c0176406_19504792.jpg
昨日の午後、ふと気づくとお客様のお子さんが寝転んで絵本を広げていました。
それは私が夢に描いていた光景でした!
器を眺めているひと、ユンタクするひと、おもちゃで遊んだり絵本をめくる子。みなさんにのんびりしていただけたら嬉しいです。
模様替えをして良かったとしみじみ思いました。
ガトーインビジブルというお料理を初めて知りました。こちらはジャガイモとハム、コーンとほうれん草を重ねたキッシュ風。静岡からいただいたみかんの日本酒と合わせていただきました。
このお酒にとお願いしてあった屋我平尋さんのぐい呑、虹のカケラと。
こちらはリンゴを重ねたスイーツのもの。洋梨や柿など果物好きにぴったりのお菓子です。
父の育てた月下美人。花は白が1番好きです!
今朝早く沖縄を出発し、母と和歌山の祖母を訪ねています。台風が再びやってくる週末、被害の無いことを祈ります。


by tobohifumi | 2017-10-27 00:33 | Comments(10)
Commented by etsuko at 2017-10-29 05:04 x
1度ギャラリーに行ってみたい‼︎
なんかほっこりする風景だね。

ママお元気ですか?ママの作ったご飯また食べたいです。お身体に気をつけてください。
Commented by Fujii at 2017-10-31 08:50 x
先日はありがとうございました。まるで沖縄の実家に帰ってきたかのようなくつろぎぶり(笑)
素敵な器と温かくゆったりとした火風水さんの空気が家族で大好きです。
また伺いますね。
Commented by 鏡原町チビ5人ママ at 2017-10-31 10:16 x
お久しぶりです。子連れでもゆっくりと器を眺めながらゆんたくもできるなんて夢のようです^_^とても嬉しくなりました。私が5人のこどもを連れて伺ったときも笑顔で迎えてくれたこと今でも心に残っています。あのとき長女が器を手に取り目をキラキラとさせていたことも忘れられません。
旅はどうでした?季節の変わり目、体調に気をつけてくださいね。またおじゃましますね〜^_^
Commented by tobohifumi at 2017-10-31 23:39
etsukoさま ありがとうございます。古い家なので、味が出てるかも。
母はなんとか元気にしてます。先日は炊き込みご飯作ってくれましたよ!
Commented by tobohifumi at 2017-10-31 23:45
Fujiiさま こちらこそ、ありがとうございました!かわいいかわいい息子さん、置き手紙のようにいろいろ置いてくれて感激しています。また成長ぶりを見せてくださいね!
Commented by tobohifumi at 2017-10-31 23:51
鏡原町チビ5人ママさま ありがとうございます!みなさんもお元気ですか?チビちゃんたちそれぞれ楽しそうでしたね。輝いてました!インフルエンザなど気をつけてお過ごしくださいね〜
旅のお話、また綴らせていただきますね!
Commented by nonootje at 2017-11-24 20:27 x
この記事を読んで、あやうく泣きそうになりました。子どもを連れてギャラリーやお皿屋さんに行くのは本当に気が引けるものです。火風水さんのこういった姿勢はありがたく、心から感謝を込めて嬉しいです!!うちは一枚しかまだ火風水さんのお皿を持っていませんが、時折ブログを拝見してはまだ我が家にお迎えしたいな~いいお皿だよね~と家族で話しています。大事に大事に使っています。
Commented by tobohifumi at 2017-11-26 13:18
Nonootjeさまありがとうございます。
仕事以外にファミサポもやっているので赤ちゃんを預かったりもしています!楽しませてもらっています!
どうぞみなさんで!!


Commented by nonootje at 2017-12-03 08:57 x
そうなんですね!!すごいです。またお伺い是非させて下さい♪
Commented by tobohifumi at 2017-12-03 22:09
> nonootjeさん
ありがとうございます!宜しくお願い致します。
<< 母の故郷への旅 お家のマグたち焼き上がりました >>